カラコンの使用上の注意事項について

カラコンは瞳に直接装着するものですから、取り扱いには十分に注意しなければなりません。
不用意に取り扱うと装着時に瞳に異常をきたす可能性もあります。
レンズに付着した汚れをそのままにしておくとカビや細菌が繁殖する恐れがありますので、普段のケアが重要です。
カラコンは水分を含んでいるので装着していない時には必ず保存液につけておかなければなりません。
乾燥すると形状が変わってしまったり傷ついてしまう恐れがあるからです。
また、長時間装着しないように気をつける必要があります。
一般的に8時間程度が目安とされていますが、使用し初めのころは目が疲れたら外すようにした方がいいです。
初めは2時間程度から始めて少しずつ使用時間を延ばしていくことが大切です。
瞳に違和感があっても使用し続けると瞳に疲れが蓄積されてしまいます。
疲れを減らすためには、こまめに瞬きをして瞳に十分に酸素を送り込むことが効果的です。
カラコンの使用は極力短時間にすることが大事です。