正しいカラコンの選び方と使い方

カラコンを初めて使用する場合には、ちゃんとつけられるか不安だったり、トラブルなどの安全性に疑問があるなど様々な心配を抱えてしまいます。
カラコンが販売され始めたころは、雑貨として扱われていたため、粗悪な品質のものが多く流通していました。
しかし、最近では高度管理医療機器として承認を受けたものが販売されており、品質はかなり向上してきています。
とは言え、格安の商品を購入したり、不適切な取扱いをしている人も少なくありません。
カラコンは瞳に直接取り付けるものですから、誤った選び方や使い方をしてしまうと、最悪の場合には失明の危険性もあります。
自分の瞳に合ったカラコンを選んで、正しい使い方をすることが重要なのです。
そのためには、眼科医を受診して、自分の瞳の大きさやカーブなどのデータを調べてもらい、正しいつけ方や外し方や保存の方法などを教えてもらうことが大切なのです。
問題が起こってしまってからでは手遅れですので、事前に眼科医を受診しましょう。